参加申し込み・回答受付中


                パスワード不要で入場可能、機器展示ブース5社をご欄いただけます
                過去のイベント資料をJEMEA Web Shopから購入できます

                サイト内検索


                令和3年度ワーキンググループ募集について(令和2年12月31日(木)締切)

                 

                当学会では現在4件のワーキンググループが活動を行っておりますが、令和3年度に「新規」のワーキンググループ
                立ち上げのご提案をお持ちの方は事務局宛てご連絡下さい。
                ワーキンググループは、当学会が取り組まなければならない活動に小回りが利く組織として
                取り組んでいただいており、シンポジウムと並ぶ当学会の活動の核となっております。
                単なる内輪の勉強会にとどまらず、個別の研究会、勉強会、書籍の編集、社会貢献、オリジナルソフトの開発などの
                アウトプットを成果として出していただいていることは皆様ご存知のとおりです。
                限られた予算の中での活動となりますことは、ご理解いただければと存じます。

                申込み先:JEMEA事務局 佐藤 (office@jemea.org)

                応募締切:令和2年12月31日(木) (所定の書類に記入しての提出必要)

                尚、応募に当たり以下記載内容を必ずご確認ください。
                WG活動報告として、会員に対する「アウトプット」をお願いさせていただきます。

                         記

                1.新規ワーキンググループ立ち上げのご提案をお持ちの方には、令和2年12月31日(木)締切で「WG設置申請書」をご提出をいただきます。

                【申請書ダウンロード先はこちら】 

                ⇒申請希望者は、なるべくお早目にご提出をお願いいたします。

                2.ワーキンググループ採択の基準として、下記「ワーキンググループ規約」の(WGの目的)をご参照下さい。

                (WGの目的)

                JEMEAの会員増強と現会員への学術的還元を目的とし、そのための情報交換や学術交流の活動を促進させるために
                WGを設置する。有志研究者の組織化を奨励し、自発的な活動・運営により、本会に係る特定の研究分野
                (萌芽的研究、学際的研究、業際的研究、組織間共同研究など)の発展を援助し、本会の活性化に繋げる。

                3.WG活動のアウトプットとして、以下をお願いすることとなりました。

                ・「JEMEA Web機関誌」に、WG活動に関する記事の執筆

                ・年度末に、1年間の「事業報告書」を提出(総会にて報告)

                ・会員のために、活動したことの「フィードバック」を行うための方法を、WG設置申請書にて申告をする

                例:シンポジウムでの発表、会員へのフィードバックとなるようなセミナー開催/
                HPにてWG活動に関する情報発信/記事の掲載するなど。Visibilityのある形で。
                  (ただし、シンポジウムで「口頭・ポスター」の形での発表は、会場の要件にもよりますのでご了承ください。)

                4.現在活動中のワーキンググループで、令和3年度以降も活動の延長を希望するグループにも新たに
                「WG設置申請書」を提出してもらいます。(部会長あてにも直接ご案内)

                5.ワーキンググループ採択の審査および予算配分は、予備審査を経て1月下旬の「令和2年度第4回理事会」で行います。

                6.ご参考資料

                令和2年度活動しているワーキンググループ

                【4グループ】50音順 敬称略

                ●JEMEA若手部会ワーキンググループ
                部会長:藤井 隆司(中部大学)

                ●マイクロ波化学と材料MIの融合ワーキンググループ
                部会長:藤井 隆司(中部大学)

                以下のWGは、令和2年度は活動休止

                ●渉外活動ワーキンググループ
                部会長:森義仁先生(お茶の水女子大学)

                ●生体影響と 安全利用ワーキンググループ
                部会長:大内将吉JEMEA副理事長(九州工業大学)

                【各WG部会長からの活動紹介 】 

                ★ワーキンググループについては、1月の理事会後、JEMEA会員過半数からの「事業計画・予算」(WG予算含む)の
                承認(3月末日締め切り)を経て、5月の総会で正式に決定となります。

                ★ご参考までに
                JEMEAでは、ワーキンググループから発展した「機関誌・論文誌編集委員会」があり、
                単年度でなく継続して活動を行う「委員会」としてJEMEA Web機関誌/論文誌発刊などを行っています。
                 
                特定非営利活動法人日本電磁波エネルギー応用学会
                理事長 福島 英沖(名古屋大学)
                    連絡/質問は以下署名欄事務局まで。
                ******************************
                JEMEA Office
                Mail to: office@jemea.org (事務局 佐藤)
                Tel&Fax:03(3414)4554
                http://www.jemea.org/
                ******************************

                [ver.20201120