参加申し込み・回答受付中


              パスワード不要で入場可能、機器展示ブース4社をご欄いただけます。
              過去のイベント資料をJEMEA Web Shopから購入できます

              サイト内検索


              ●Sympo2022 特別講演講師・JEMEA学会賞受賞記念講演演題と講演要旨発表 

               

              第16回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム

              10月13日(木) JEMEA学会賞受賞記念講演

              10月14日(金) 特別講演
              講師・ご講演演題・ご講演要旨を公開いたします。

              今後とも、最新情報は常にこの記事およびシンポジウムホームページにてご確認をお願いします。


              10月13日(木) 10:00-11:50 JEMEA学会賞 受賞記念講演

              座長 後日掲載

              JEMEA会員からの推薦を募り応募のあった候補者の中より、「令和3年度JEMEA学会賞/進歩賞審査委員会」
              (産・官・学関係者で構成)の設けた厳正な審査を経て、「第4回JEMEA学会賞」を受賞なさった2名の先生より
              「受賞記念講演」を行っていただきます。

              10:00-10:50
              受賞記念講演1 「有機合成反応におけるマイクロ波特異効果の実験的検証 」
              “Experimental Study of Microwave-Specific Effect on Synthetic Organic Reactions”
              講師 慶應義塾大学 山田 徹 氏
              要旨:有機合成反応にマイクロ波が初めて適用された1986年以来議論の対象であったマイクロ波特異効果を,触媒的不斉合成反応にマイクロ波を適用することにより,熱的効果から切り分けて実験的に観測することに成功した。
              11:00-11:50
              受賞記念講演2「次世代マイクロ波加熱システムに向けた研究」

              ” A Study Towards Next-Generation Microwave Heating Systems”

              講師 京都大学 生存圏研究所 三谷 友彦 氏
              要旨:近年、マイクロ波加熱は様々な分野で飛躍的に利活用されるようになった一方で、
              マイクロ波加熱システム自体の進展は乏しい。本発表では次世代のマイクロ波加熱応用に向けたマイクロ波加熱システムのあり方について、マグネトロンベース、半導体ベースの両面から論じる。

              10月14日(金) 10:00-11:50 Sympo2022 特別セッション「プラズマが解決する環境問題」

              座長 後日掲載

              シンポジウム特別講演を、ご招待講師に行っていただきます。

              10:00-10:50
              特別講演1 「熱プラズマによる環境応用プロセス」

              “Thermal Plasmas for Environmental Application”

              講師 九州大学 渡辺 隆行 氏
              要旨:熱プラズマには高温と高化学活性という魅力的な特長がある。熱プラズマ中の荷電粒子やラジカルを利用して,高化学活性であるという特長を活用すれば,新しい廃棄物処理プロセスを開発することできる。プラズマを用いた新しい廃棄物処理プロセスは,これからの資源循環型社会構築に対して一石を投じるものであると考えられる。
              11:00-11:50
              特別講演2「マイクロ波プラズマ技術による大気圧プラズマ生成と液体処理」

              “Atmospheric pressure plasma production and liquid treatment by microwave plasma technology”

              講師 名古屋大学 豊田 浩孝 氏 
              要旨:マイクロ波は高密度プラズマ生成による高スループットプロセスが期待できる.本講演ではマイクロ波プラズマを大気圧や大気圧に近い環境で実現するプラズマ生成技術を紹介し,固体表面処理やさらには液体処理への応用展開について述べる.

              ご聴講のためには、シンポジウムの参加登録が必要です。

              【シンポジウムのホームページ】 
              【2ndサーキュラー】 
              【シンポジウムの参加登録先】 

              8/19(金)までの参加登録、8/31(水)までの振込の前期登録価格でのご参加をお勧めします。

              8/20(土)-9/26(月)の事前登録は価格が高くなります。

              ご入金確認が取れましたら、オンラインシンポジウムの接続案内、10月初旬の接続テストの案内、シンポジウム講演要旨のダウンロード関連情報をお送りいたします。

              ●シンポジウム参加者は、無料でオンライン懇親会にご参加いただけます。講師の方でお時間が取れる方には、オンライン懇親会にもご参加いただく予定です。

               

              <実行委員会からのご案内>

               

              発表申し込みについて

              発表申し込みは締め切りました。

              機器展示出展・広告出稿 締切を8月12日に延長

              【機器展示・広告出稿趣意書】
              【機器展示・広告出稿申し込み先】

               
              シンポジウム全体のプログラム公開は8月12日の原稿投稿締切後となりますがご了承ください。

              日本電磁波エネルギー応用学会
              理事長 堀越 智(上智大学)
              シンポジウム実行委員長 朝熊 裕介(兵庫県立大学)


              Sympo2022 office
              10/12-10/14/2022 @ Online
              Mail to: sympo2022@jemea.org
              Tel&Fax:03(3414)4554
              HP: https://www.jemea.org


              [ver.20220718]