Select language
flagflag
メニュー
JEMEA Bulletin
banner
JEMEA Journal
規程・ひな形・投稿先
Journal
誘電率・透磁率データベース
3GCMEA
2GCMEA

MAJIC2008
アクセスカウンター
2018/04/21:234/702

2018/03/22より3112/29831
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

投稿者: admin 投稿日時: 2015-12-6 13:36:21 (1117 ヒット)

「第1回JEMEA進歩賞」授賞式が、2015年11月19日(木)「第9回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム」の「JEMEA進歩賞特別講演」開催前に行われました。

栄えある第1回受賞者に選ばれた椿俊太郎先生(申請当時高知大学、現在東京工業大学)に滝澤博胤理事長(東北大学)より記念の「楯」が贈呈され、引き続き「マイクロ波を用いたバイオマス資源の水熱反応技術の開発」の演題で記念講演を60分行っていただきました。
第1回JEMEA進歩賞については:http://www.jemea.org/modules/news/article.php?storyid=261

JEMEAでは「第2回JEMEA進歩賞」について募集を開始いたしました。(平成28年1月15日(金)応募締切)
是非皆様からの応募をお待ちしております。
募集要項:http://www.jemea.org/modules/news/article.php?storyid=311

【授賞式の様子】










************************************
JEMEA Office
Mail to: office@jemea.org
Tel&Fax:03(3414)4554
http://www.jemea.org/
*************************************


投稿者: admin 投稿日時: 2015-11-23 21:51:28 (3487 ヒット)

上智大学にて11月18日(水)開催されました「第1回国際ショートコース」および11月19日(水)-11月20日(木)開催の「第9回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム(Sympo2015(上智大)」は成功裡に終了いたしました。

下記ご報告申し上げますとともに、講師の皆様、ご参加いただきました皆様に深く感謝申し上げます。
また、ご協賛をいただきました関連学会・団体の皆様、会場を提供してくださった上智大学、運営にご尽力をいただいた上智大学関係者の皆様には開催にあたりましてお世話になりましたことお礼申し上げます。

次回「第10回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム・機器展示」Sympo2016の開催は、平成28年秋、東北大学(宮城県仙台市)の予定です。
追って実行委員長の吉川 昇先生(東北大)JEMEA理事より詳細をご案内させていただきます。是非ご参加いただきたくご予定下さい。

JEMEAベストペーパー賞、ベストポスター賞の審査結果は後日発表させていただきます。



1.11/18-20の参加者全体についてのご報告

●のべ参加人数 360名
(シンポジウム225名、国際ショートコース135名)

●参加総数 239名 (うち非会員 108名)
内訳
シンポジウム参加 225名
国際ショートコースのみ参加 14名
合計 239名

産業界 123名
官   13名
学   103名
=======
合計  239名

2.平成27年11月18日(水)
「第1回国際ショートコース」
場所:上智大学 2号館17階大会議室
出席者:135人(内訳: 会員91名、非会員44名)
国際ショートコースのホームページ:http://www.jemea.org/modules/eguide/event.php?eid=59
当日のプログラム:http://www.jemea.org/sympo2015/sympo2015_short.pdf

3.平成27年11月19日(木)-20日(金)
第9回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム
場所:上智大学 中央図書館9F
シンポジウムのホームページ:http://www.jemea.org/modules/eguide/event.php?eid=58
当日のプログラム: http://www.jemea.org/sympo2015/prog2015.pdf
出席者:225名 (内訳:会員128名・非会員97名)

発表件数112
(内訳)
一般口頭発表:66
ポスター発表:34
JEMEA進歩賞受賞記念発表:1
企業発表:11
その他:パネルディスカッション(パネリスト:国際ショートコース講師6名)

●企業機器展示 14社(14コマ)、広告出稿4社(延べ15社)
★マークは機器展示出展企業14社
〇マークは広告出稿企業4社

(社名50音順)
★アステック株式会社 http://www.astechcorp.co.jp
★株式会社アミル http://www.amil.co.jp/index.html
★株式会社 アントンパール・ジャパン http://www.anton-paar.com/jp-jp/
★安立計器株式会社 http://www.anritsu-meter.co.jp/
★株式会社エーイーティー :http://www.aetjapan.com
〇★計測エンジニアリングシステム株式会社 http://www.kesco.co.jp/comsol/
★四国計測工業株式会社 http://www.yonkei.co.jp
★東京計器株式会社 http://www.tokyo-keiki.co.jp/rf/j/index.html
★株式会社ニッシン http://nissin-inc.co.jp/
★富士電波工機株式会社 http://www.fdc.co.jp
〇★マイルストーンゼネラル株式会社http://www.milestone-general.com
〇★ミクロ電子株式会社 http://www.microdenshi.co.jp
★三菱電機株式会社 http://www.mitsubishielectric.co.jp
〇ワイリー・ジャパン株式会社 http://www.wiley.co.jp
★匿名希望 1社

3.平成27年11月19日(木) 懇親会
出席者:85名(内訳:会員71名・非会員14名)

6.各賞受賞者ご氏名
http://www.jemea.org/modules/news/article.php?storyid=321

●JEMEAでは今後以下に示す予定がございますので、是非ご参加いただきたくお願い申し上げます。
<今後の予定>
平成28年1月22日(金)「第5回誘電率透磁率データベース化WG研究会」
http://www.jemea.org/modules/eguide/event.php?eid=60

平成28年1月29(金)「第9回JEMEA研究会」開催場所:東京(江東区)産業技術総合研究所
 後日発表
平成28年5月25(水) 総会および講演会(仮称-詳細後日発表) (開催場所:東工大予定)
後日発表

平成28年秋 (開催場所:東北大学)
第10回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム/機器展示
後日発表
詳細はそれぞれ決定次第、HPにてご案内申し上げ、現在212名になりました
JEMEA会員には、直接メールにてHPより早くご案内申し上げます。


特定非営利活動法人日本電磁波エネルギー応用学会
理事長 滝澤 博胤(東北大学)
第9回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム
実行委員長 堀越 智(上智大学)
実行委員会一同
(連絡先office@jemea.org )


 
この事業は、競輪の補助を受けて実施しました。


投稿者: admin 投稿日時: 2015-11-14 22:23:40 (1022 ヒット)

平成27年度の夏の渉外活動ワーキンググループのボランティア活動では下記の2件を行いましたので報告いたします。なお、御支援と御理解を頂きました学会理事会並びに会員の皆様方には厚く御礼を申し上げます。また、色素の原料としての「たまねぎの皮」をお送りいただきました方々にも、感謝申し上げます。報告が遅れましたことをお詫び申し上げます。なお、詳しい内容は、JEMEAシンポジウム2015 ポスタ−セッションP34、およびJEMEA web 機関紙(12月発行予定)でご報告いたしますので、ご閲覧ください。なお、「青少年のための科学の祭典石巻大会」は本年をもちまして、終了いたしました。企画実行に当たられた石巻専修大学の方々に御礼申し上げます。
今後は女子中高生夏の学校への参加を続けます。また、新しい形のボランティア・教育活動を考えたいと存じます。皆様のご理解と応援に感謝!!

1.「女子中高生夏の学校2015」
会場:国立女性教育会館(埼玉県比企郡嵐山町菅谷)
期日:平成27年8月6-7日
展示題目:電子レンジ(マイクロ波)でサイエンす!

2.「青少年のための科学の祭典石巻大会」
会場:石巻専修大学(石巻市南境新水戸1番地)
期日:平成27年8月9日
展示題目:電子レンジの不思議実験教室〜人工オーロラ、プラズマ発光、線香花火、染物など〜

シンポジウムでの活動発表についてはこちら
詳細はこちら

報告が遅れましたことをお詫び申し上げます。

日本電磁波エネルギー応用学会
渉外活動ワーキンググループ 部会長 松村 竹子


投稿者: admin 投稿日時: 2015-10-31 22:02:21 (1662 ヒット)

日本電磁波エネルギー応用学会は、電子情報通信学会APMC国内委員会主催の「2015 Microwave Workshops and Exhibition : MWE2015」を協賛いたします。

開催場所 : パシフィコ横浜
開催場所の住所 : 220-012 横浜市西区みなとみらい1-1-1
会場アクセス(地図)URL : http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html

開催概要はこちらからご確認いただけます。

★MWE 2015公式ウェブサイトはこちら
http://apmc-mwe.org/mwe2015
★フライヤーダウンロードはこちら
http://apmc-mwe.org/mwe2015/pdf/mwe2015_fl.pdf

参加費用 : 無料
申し込み方法 : 当日会場で受付(名刺を2枚ご提示の上登録)


10/30到着情報
●今年のMWEの注目ポイント

・ワークショップ
さらに内容を充実し、新たな展開が期待される5G、ITS、IoT、無線電力伝送、そしてバイオ応用やマイクロ波化学などの新マイクロ波応用分野にも幅広く注目します。

・新企画!超入門講座
講演+討論形式の超入門者向け講座を2セッション(アクティブ、パッシブ回路)設け、講演パネラーとご聴講の皆さんを交えた討論を通じ、超入門者に合致した基本理解に挑みます。“いまさら聞けない”単純素朴な疑問の答えが得られるか聴きどころです。

・新企画!MWカフェ
テーマセミナーとポスターセッションの二段構えで興味ある話題の間口を広げ、オープンカフェ形式の採用で講演者と参加者の距離感を近づけました。今回は衛星システムと医療分野のホットな話題をご用意して皆様をお待ちしています。

・新登場!スマホ・タブレット用 MWE 2015 公式アプリ
ワークショップ・展示会場でのナビゲーション、メモ、事前の情報収集、スケジューリングなど便利な機能がたくさん。無料でダウンロードできます。(11/13リリース予定)

詳しくは、http://apmc-mwe.org/mwe2015/


今後、また追加情報が入りましたらまた追加させていただく予定です。

特定非営利活動法人日本電磁波エネルギー応用学会

************************************
JEMEA Office
Mail to: office@jemea.org
Tel&Fax:03(3414)4554
http://www.jemea.org/
************************************


投稿者: admin 投稿日時: 2015-10-23 22:54:24 (2161 ヒット)

平成26年度JEMEA進歩賞につきまして、「平成26年度JEMEA進歩賞審査委員会」(産・学関係者2名ずつで構成)の厳正な審査を経て推薦を受けた「受賞候補者」につき5月28日の理事会にて慎重に検討し、下記を「第一回JEMEA進歩賞」受賞者として決定し、5/28の総会にて、審査委員長の吉川昇先生(東北大)より氏名を発表いたしましたのでご報告申し上げます。
授賞式と受賞者の「記念講演」は11月のシンポジウムにて行う予定です。
詳細は後日ご案内をさせていただきます。

授賞式の報告: 平成27年11月19日(木)第1回JEMEA進歩賞授賞式が行われました。
詳細はこちら

受賞者:椿 俊太郎 先生(応募当時 高知大学、現在東京工業大学)
業績タイトル:「マイクロ波を用いたバイオマス資源の水熱反応技術の開発」

今後ますますのご活躍を祈念いたします。

特定非営利活動法人日本電磁波エネルギー応用学会 理事長 滝澤 博胤

*****************************************

JEMEA進歩賞について

日本電磁波エネルギー応用学会(JEMEA)は、電磁波エネルギーの応用に関する基礎的研究及びその応用技術の進歩並びに知識の普及を図り、もって学術文化の進歩普及、産業の発展及び生活の向上に寄与することを目的としています。
 この目的を達成するには、豊かで安心な未来社会の構築に向けて、社会を牽引する若手会員の一層の飛躍が期待されます。このたび、若手会員の優れた活動を表彰し、かつ、本会事業推進への一層の精励を期待して、JEMEA進歩賞を新設することとなりました。
 第1回JEMEA進歩賞候補者を下記により募集しますので、ご推薦(自薦有り)願います。

特定非営利活動法人日本電磁波エネルギー応用学会
理事長 和田 雄二



1) 名称:JEMEA進歩賞
2) 対象:電磁波エネルギー応用に関する学術研究、応用技術、ならびに生活の向上を図る進歩について優秀な業績を挙げた本会会員(含、学生会員)で、主たる成果を日本電磁波エネルギー応用学会が主催する学術集会で発表した者。原則として、応募締切時において42歳以下の者。ただし、電磁波エネルギー応用分野での研究・活動歴によっては、年齢制限を超えていても対象とすることがある。
3) 件数:年2件以内
4) 応募資格:上記2)の対象者のうち、次によるいずれかの推薦を受けた者。
a) 理事、WG代表いずれか1名による推薦
b) 会員2名以上の連記による推薦
c) 自薦
5) 表彰:次年度総会で受賞者発表、シンポジウムにて表彰。賞状ならびに副賞授与。
6) 受賞者の義務:次年度シンポジウムでの受賞記念講演実施
7) 応募方法:応募者は下記の必要書類を揃え、平成27年1月16日(金)(必着)ま
でに日本電磁波エネルギー応用学会事務局宛に送付。

提出書類
1. 推薦書(様式1表裏) 正本1部、コピー4部
2. 主たる業績の概要(A4用紙2ページ以内、図表挿入可) 5部
3. 推薦内容に関する業績リスト(様式任意) 5部
※推薦内容が学術研究に関する場合は論文リスト、応用技術に関する場合は特許リスト、生活の向上を図る進歩に関する場合はその内容に関するエビデンス(報道記事等)を記載すること。
※業績リストにはJEMEAが主催する学術集会(JEMEAシンポジウム、GCMEA)での発表(集会名、期日、題目、講演番号、演者)も含むこと。

応募用紙はこちら


投稿者: admin 投稿日時: 2015-10-23 22:54:17 (1426 ヒット)

日本電磁波エネルギー応用学会は、ISPlasma2016/IC-PLANTS2016(第8回先進プラズマ科学と窒化物及びナノ材料への応用に関する国際シンポジウム/第9回プラズマナノ科学技術国際会議)を後援いたします。

開催日時 : 平成28年3月6日(日)〜3月10日(木)
開催場所 : 名古屋大学

開催概要はISPlasma2016のHPをご覧下さい。
http://www.isplasma.jp/index.html

Call for paper
http://www.isplasma.jp/files/Call_for_Paper-2-8.pdf

(Abstract submission deadlineは10/19/2015に延長されております。最新情報はホームページでご確認ください。)
→10/23(金)に再延長されました。

今後も追加情報が入り次第この記事に追加してまいります。
皆様の積極的なご参加、よろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人日本電磁波エネルギー応用学会
理事長 滝澤博胤


投稿者: admin 投稿日時: 2015-9-13 1:52:44 (1139 ヒット)

日本電磁波エネルギー応用学会は、京都大学 生存圏研究所主催の「「第298回生存圏シンポジウムプログラム 第12回 持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム―マイクロ波高度利用と先端分析化学― 第5回 先進素材開発解析システム(ADAM)シンポジウム―マイクロ波高度利用生存圏フラッグシップ共同研究―を協賛いたします。

開催日時 : 平成27年11月2日(月) 時間 13:00〜17:40
開催場所 : 京都大学 生存圏研究所 木質ホール3階
開催場所の住所 :〒611-0011 宇治市五ヶ庄
会場アクセス(地図)URL : http://www.uji.kyoto-u.ac.jp/campus/access.html

詳細・プログラムはこちら

●参加費無料、事前の申込み不要です。

JEMEAではまだ講演をしていただいた事がない講師の方々から、
[先端分析・先端材料]に関する講演が3件、
[マイクロ波・食品と人の健康]に関する講演が3件となっております。
是非ご聴講ください。


特定非営利活動法人日本電磁波エネルギー応用学会


投稿者: admin 投稿日時: 2015-9-13 1:44:52 (1180 ヒット)

公益財団法人JKAより、下記の情報が入りましたのでご案内いたします。

***********************************************************

公益財団法人JKA の補助事業「RING!RING!プロジェクト」平成28年度研究補助の募集について

詳細はこちらから→ http://ringring-keirin.jp/sp/kenkyu.html

インターネット申請期間
平成27年11月9日(月)〜11月20日(金)13時
※会員登録は11月19日(木)15時までに完了してください。
11月19日(木)15時の時点で会員登録手続きが完了できていない場合、申請できません。
別途要望書類の郵送も必要となります。(要望書類の必着期限11月27日(金)17時)

問い合わせ先:
公益財団法人JKA補助事業「RING!RING!プロジェクト」HP内「お問い合わせフォーム」から

公益財団法人JKA 補助事業部 企画・評価課


投稿者: admin 投稿日時: 2015-8-30 21:05:58 (1090 ヒット)

第9回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム(Sympo2015(上智大))の発表申し込みの締め切りを8月28日(金)から9月7日(月)に延長いたしました。
これ以上の延長はしない予定です。

詳細はシンポジウムの画面を参照ください。
http://www.jemea.org/modules/eguide/event.php?eid=58

シンポジウム実行委員会実行委員会一同
(実行委員長 上智大学 堀越)

***********************************
Sympo2015 office
11/18-20/2015 @Sophia University
Mail to:sympo2015@jemea.org
Tel&Fax:03(3414)4554
HP:http://www.jemea.org
***********************************


投稿者: admin 投稿日時: 2015-7-19 15:46:59 (1798 ヒット)

2015年度JEMEA夏のボランティア活動について先日来、メンバーを募集致しましたが、メンバーが決定いたしましたので、今夏も下記の2つのボランティア活動を行います。皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。



A: 独立行政法人国立女性教育会館主催の「平成27年度「女子中高生夏の学校2015〜科学・技術・人との出会い」(JEMEA協賛)
開催日時 : 平成27年8月6日(木)〜8月8日(土) 時間 9:00〜22:00
開催場所 : 国立女性教育会館 (埼玉県比企郡嵐山町)
リンク先のURL : http://www.nwec.jp/jp/program/invite/2015/page03i.html

展示内容:3名の有志の方々が女子学生にマイクロ波科学の魅力の説明とマクロ波草木染め、電子レンジでオーロラ!の実演、進路相談等を行います。
ボランティアの方々
服部昌氏(光洋サーモシステム株式会社)JEMEA会員
和田愛子氏(株式会社アントンパール・ジャパン)[Sympo2015機器展示出展予定企業様]
森義仁氏(お茶の水女子大学)JEMEA会員、同会実行委員

B: 「青少年のための科学の祭典2015」石巻大会(JEMEA後援)
主催:「青少年のための科学の祭典2015」石巻大会実行委員会・公益財団法人日本科学技術振興財団・科学技術館
開催日時 : 平成27年8月9日(日) 時間 9:00〜16:30
開催場所 : 石巻専修大学 2号館 (宮城県石巻市)
http://www.kagakunosaiten.jp/country/schedule.php
マイクロ波化学の実験などを通して、石巻の子供たちへ科学の不思議さ・面白さを伝える。
ボランティアの方々(6名)
浅野麻実子氏(大阪薬科大学)JEMEA会員
秋山滋氏(デンソーテクノ(株))JEMEA会員
小林將浩氏(認定NPO法人コアネット)JEMEA関連学会
服部昌氏(光洋サーモシステム株式会社)JEMEA会員
松村竹子氏((有)ミネルバライトラボ)JEMEA会員/渉外活動WG部会長
柳田祥三氏(大阪大学)JEMEA会員/JEMEA顧問
なお、現地に参加いただけない下記3名の方々に事前準備
機材ご用意などの支援を頂きます。

池永和敏氏(崇城大学)JEMEA会員
西岡将輝氏((独)産業技術総合研究所)JEMEA会員・JEMEA理事
JEMEA事務局

お礼とご報告まで
JEMEA渉外活動WG部会長 松村竹子

【お願い】
草木染の実験に使う玉ねぎを募集中です。
8/3(月)必着でお送りください。また、何か別の形でご支援くださる方は事務局(office@jemea.org)あてご連絡ください。

ご参考:夏の学校掲示用のポスターはこちら


投稿者: admin 投稿日時: 2015-7-19 15:46:46 (1616 ヒット)

5月28日づけでJEMEAの新理事長に就任した滝澤博胤(東北大学大学院工学研究科長・工学部長/東北大学大学院工学研究科 応用化学専攻 教授)の挨拶文を掲載いたしました。
是非ご確認ください。

挨拶文はこちら

特定非営利活動法人日本電磁波エネルギー応用学会


投稿者: admin 投稿日時: 2015-7-19 14:27:20 (1639 ヒット)

日本化学会 公式Pacifichem2015の参加登録サイトをご案内いたします。
http://www.pacifichem-tour.com/

●JEMEAの関係者が2件のシンポジウムを立ち上げていただいております。
#157(12/15),
#360(12/18終日・12/19 AM)

●詳細は、以下2015 環太平洋国際化学会議実行委員会からの案内(日本語)でご確認ください。
http://www.chemistry.or.jp/event/doc/201507_regist_jpy.pdf

●参加費:JEMEAは「会員」扱いとなります。
Official Participating Organization(s)をチェックするところでは「Official Participating」をチェックいただき、学会の名称を入れる折日本化学会等他のParticipating Organizationの会員でないJEMEA会員の方はJapan Society of Electromagnetic Wave Energy Applications (JEMEA)を記入ください。(参加費が安くなります)

公式HPのOfficial Participating Organizationsの一覧にも掲載されております。
http://www.pacifichem.org/general-information/official-participating-organizations/


投稿者: admin 投稿日時: 2015-7-12 19:48:41 (1861 ヒット)

【玉ねぎの皮のご提供をいただける予定の皆様へ】
送付先と必着日が決定いたしましたのでご確認の上ご送付をいただければ幸いです。
―乾いた玉ねぎの皮をたたんで封筒に入れてお送りください。
―赤玉ねぎのかわも歓迎です。(若草色に染まります。)
―恐縮ですが、送料は発信者ご負担につきご協力をお願いいたします。

【送付先】
〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台一丁目7番地けいはんなプラザラボ棟2階
有限会社ミネルバライトラボ 松村竹子 宛
TEL&FAX:0774-95-0189
【締切】8/3(月)AM迄必着でお願いいたします。


当学会の渉外活動ワーキンググループメンバーを中心に行っている「夏のボランティア活動」として、今年も以下のイベントへの参加を検討中です。

詳細は渉外活動WG内の調整後発表をいたしますが、下記期間中に電子レンジ(マイクロ波)を用いた染物教室の実験材料・色素源として大量の「たまねぎの茶色い皮」を必要といたします。1個2個の皮ではほとんど色が出ませんが、数十個分の皮からは、黄色または黄金色が出ます(写真参照)。その色は色素のケルセチンから由来します。

●つきましては、後日送付先と締切(8月初旬)等をHPにて発表いたしますので、ご家族のご協力等をいただいて、まずは玉ねぎの皮を溜めていただけないでしょうか?

玉ねぎの皮は自然乾燥で乾かしていただき、折りたたんで封筒に入れてご郵送いただきたいと思います。

●新タマネギの皮は初め無色ですが、干しているうちに茶色くなります。


【現在参加検討中の行事】
「女子中高生夏の学校2015」
平成27年8月7-8日(1泊)・・・マイクロ波科学の魅力の説明とハンカチ染め物の実演、受験の先輩としての進路相談
対象者:進学を目指している女子中学生・女子高校生
http://www.nwec.jp/jp/program/invite/2015/page03i.html

「青少年のための科学の祭典石巻大会」
平成27年8月9-10日(1泊)・・・マイクロ波科学の不思議な実験とハンカチ染め物の実演
対象者:小中学生、市民
昨年の状況http://www.senshu-u.ac.jp/ishinomaki/iresearch/outreach_center/kagaku-saiten/info.html

何かご不明のことがございましたら事務局にご連絡ください。(office@jemea.org)


日本電磁波エネルギー応用学会 渉外活動ワーキンググループ


投稿者: admin 投稿日時: 2015-7-12 19:42:58 (1602 ヒット)

JEMEAが協賛いたしました「第289回生存圏シンポジウム マイクロ波化学応用セミナー −化学・医学への電磁波応用の展開−」が成功裡に終了なさった、とのことで、下記の開催報告を京都大学 生存圏研究所 三谷友彦先生(JEMEA理事)より受領いたしました。
参加いただいた皆様、ありがとうございました。

参加者:参加総数44人(うちJEMEA非会員29名)

当日のプログラム等はこちら

マイクロ波を中心とした電磁波エネルギー応用研究は、特に化学分野を中心に年々活発になっている。本セミナーの目的は、電磁波エネルギー応用の新展開として化学分野・医学分野の研究者に各分野の観点からのマイクロ波利用に関する講演をして頂き、幅広く議論を行うことである。
 朝熊先生には、化学工学の観点からのマイクロ波利用について、特にマイクロ波照射時のバブル形成に関する研究内容を紹介頂いた。近田先生には、企業でのマイクロ波装置開発を中心にマイクロ波プロセスの現状および課題について講演頂いた。内藤先生にはマイクロ波照射NMR分光法の最新の研究内容をご紹介頂き、NMR分光法はマイクロ波化学反応の特異な現象を説明できる手段の一つとなり得る可能性について講演頂いた。田伏先生には医学、特に外科の観点からのマイクロ波加熱応用について講演頂いた。いずれの講演も、マイクロ波加熱応用の最新動向と新たな知見を得る上で大変有意義であり、質疑応答も活発であった。


投稿者: admin 投稿日時: 2015-7-11 21:52:36 (1489 ヒット)

お蔭様で、予定されていた人数の方から応募をいただきましたので募集は終了させていただきました。
玉ねぎの皮のご提供は引き続き募集中です。(関連記事)
http://www.jemea.org/modules/news/article.php?storyid=291

***********************

JEMEA夏のボランティア活動について−お知らせとお願い−
渉外活動ワーキンググループ代表 松村竹子

JEMEA渉外活動ワーキンググループはこれまで、電磁波エネルギー応用セミナーや電磁波エネルギー応用技術実践セミナーなど一般の科学技術者を対象にした数々のセミナーを開催し、JEMEAの対外的活動の一端を担ってきました。
一方、平成12年に始まった、夏のボランティア活動は、当初東日本大震災の復興のために、私たちのマイクロ波科学技術を活かしたいと、ボランティアを募集いたしました。
青少年のための科学の祭典石巻大会に出展(ブース)を行い、マイクロ波草木染、電子レンジでの温まり方、熱測定装置によるいろいろな物体の温度の色提示、マイクロ波プラズマ、ポプコーンの爆発など、いろいろな事象を“電子レンジでサイエンす!”というテーマで展開しました。さらに2013年から女子学生のための夏の学校にも参加し、中学生以上の女子学生のマイクロ波科学の楽しさを伝えました。

今年も上記のような夏のボランティア事業を行います。
特に、長年続いた「青少年のための科学の祭典石巻大会」が今年で最終回となるという連絡を受けました。有終の美を飾り、再建の日々を過ごしておられる石巻の方々に化学の楽しさを味わって頂こうと思います。
夏のボランティア活動のボランティアを下記の通り募集しております。

青少年のための科学の祭典石巻大会のボランティア 2〜3名募集
【申し込締切7月9日】
【活動期間】
平成27年8月9日(日) 8日午後準備、9日当日
取りまとめ:ミネルバライトラボ 松村竹子
決定後 詳細をお送りします。宿泊については仮予約中です。

【活動場所】
青少年のための科学の祭典石巻大会
http://www.kagakunosaiten.jp/about/about.php
場所:石巻専修大学内実験室または講義室
日時:平成27年8月9日(日)
テーマ:電子レンジでサイエンす!電子レンジの不思議実験
内容:‥纏劵譽鵐犬良垰弋弔兵存貝∩靆收(案)E纏劵譽鵐犬妊廛薀坤沺づ纏劵譽鵐犬妊櫂廛魁櫂
参加者総人数:120人程度、
JEMEAブース人員:5〜8名、
講師 柳田祥三先生、服部昌氏、小林将浩氏、松村竹子

補助の方(学生の方、ボランティアの方)
費用として2万円支給

【応募方法】ご質問
JEMEA事務局あてメールあるいは電話でご連絡ください。
office@jemea.org

この活動にいろいろな応援をお願いいたします。

★関連記事:たまねぎの皮提供のお願い:JEMEA渉外活動WG
http://www.jemea.org/modules/news/article.php?storyid=291


************************************
JEMEA Office
Mail to: office@jemea.org
Tel&Fax:03(3414)4554
http://www.jemea.org/
************************************


« 1 ... 5 6 7 (8) 9 10 11 ... 27 »
Copyright © 2006-2018 JEMEA. All rights reserved.