理事長挨拶

日本電磁波エネルギー応用学会 理事長
滝澤 博胤

滝澤博胤

 マイクロ波帯の電磁波を利用した加熱技術は1940年代後半に誕生しまし たが、21世紀に入り、省エネルギー技術、熱源代替技術としての期待や、非平衡反応場としての特徴を活かした「マイクロ波化学」の誕生によって、電磁波エ ネルギー応用技術が一躍注目を集めるようになりました。この機運に、電磁波エネルギー応用の科学技術の発展と産業応用の展開を目指し、当時の日本電磁波応 用研究会とマイクロ波応用技術研究会を母体として、2006年に発足したのが日本電磁波エネルギー応用学会(JEMEA)です。
 高度成長期や黄 金期を支えた日本の「ものづくり」は、ここ20年ほど長期停滞の状況にあります。キャッチアップ型で明瞭な目的に向かって前進していた時期は良かったのか もしれませんが、先頭に立った今は、見えないゴールを見据えて前に進んでいかなければなりません。日本が再び「ものづくり」大国として再興するには、新し い文化、暮らしの創出につながる科学技術の振興と、これを核とした新たな「コトづくり」が必要です。JEMEAは小さな学会ではありますが、産業界と学界 が緊密に連携することによって、新たな潮流を生み出す場となることを期待しています。

平成27年6月1日

日本電磁波エネルギー応用学会 理事長
滝澤 博胤 (Hirotsugu Takizawa)
東北大学大学院工学研究科長・工学部長
東北大学大学院工学研究科 応用化学専攻 教授





サイト名: 特定非営利活動法人 日本電磁波エネルギー応用学会   http://www.jemea.org
この記事のURL:   http://www.jemea.org/modules/tinyd0/index.php?id=2