Select language
flagflag
Main Menu
JEMEA Bulletin
banner
JEMEA Journal
Regulation/Format/Submission
Journal
Permittivity & Permeability Database
3GCMEA
2GCMEA

MAJIC2008
Access Counter
2018/12/19:38/57

2018/11/19より4340/24438
Login
Username:

Password:


Lost Password?

Posted by admin on 2018/1/14 22:56:41 (556 reads)

Japanese article only


Posted by admin on 2018/1/14 22:56:30 (1007 reads)

Japanese article only


Posted by admin on 2017/12/24 0:09:16 (597 reads)

Japanese article only


Posted by admin on 2017/12/17 1:26:12 (561 reads)

Japanese article only


Posted by admin on 2017/12/10 22:04:28 (527 reads)

Japanese article only


Posted by admin on 2017/12/2 23:53:22 (1863 reads)

Japanese article only


Posted by admin on 2017/12/2 23:39:52 (579 reads)

Japanese article only


Posted by admin on 2017/12/2 23:39:42 (583 reads)

Japanese article only


Posted by admin on 2017/11/27 1:01:32 (1429 reads)

Japanese article only


Posted by admin on 2017/11/18 22:52:38 (483 reads)

日本電磁波エネルギー応用学会(JEMEA)は、電磁波エネルギーの応用に関する基礎的研究及びその応用技術の進歩並びに知識の普及を図り、もって学術文化の進歩普及、産業の発展及び生活の向上に寄与することを目的としています。
この目的を達成するには、豊かで安心な未来社会の構築に向けて、社会を牽引する若手会員の一層の飛躍が期待されます。このたび、若手会員の優れた活動を表彰し、かつ、本会事業推進への一層の精励を期待して、第4回JEMEA進歩賞候補者を下記により募集しますので、ご推薦(自薦有り)願います。

☆前回募集同様、会員の推薦人は1名でも可能となっております。提出書類の一部をPDF版で提出可能など前回から負担を軽減しておりますので、産・官・学それぞれの分野からの応募をお待ちしております。

特定非営利活動法人日本電磁波エネルギー応用学会
理事長 滝澤博胤



1) 名称:JEMEA進歩賞
2) 対象:電磁波エネルギー応用に関する学術研究、応用技術、ならびに生活の向上を図る進歩について優秀な業績を挙げた本会会員(含、学生会員)で、主たる成果を日本電磁波エネルギー応用学会が主催する学術集会で発表した者。原則として、応募締切時において42歳以下の者。ただし、電磁波エネルギー応用分野での研究・活動歴によっては、年齢制限を超えていても対象とすることがある。
3) 件数:年2件以内
4) 応募資格:上記2)の対象者のうち、次によるいずれかの推薦を受けた者。
a) 理事、WG代表いずれか1名による推薦
b) 会員1名以上の推薦
c) 自薦
5) 表彰:次年度総会で受賞者発表、シンポジウムにて表彰。賞状ならびに副賞授与。
6) 受賞者の義務:次年度シンポジウムでの受賞記念講演実施
7) 応募方法:応募者は下記の必要書類を揃え、平成29年12月25日(月)(必着)までに日本電磁波エネルギー応用学会事務局宛に送付。(詳細応募用紙参照)

提出書類(前年度と同じ)
1. 推薦書(様式1表裏) 正本1部郵送、別途PDF版を事務局あてメール添付送付
2. 主たる業績の概要(A4用紙2ページ以内、図表挿入可) 正本1部郵送、PDF版メール添付送付
3. 推薦内容に関する業績リスト(様式任意)
正本1部郵送、PDF版メール添付送付
※推薦内容が学術研究に関する場合は論文リスト、応用技術に関する場合は特許リスト、生活の向上を図る進歩に関する場合はその内容に関するエビデンス(報道記事等)を記載すること。
※業績リストにはJEMEAが主催する学術集会(JEMEAシンポジウム、GCMEA)での発表(集会名、期日、題目、講演番号、演者)も含むこと。
4.上記3業績のうち主たる物3点以内(論文中刷り等)正本1部郵送、PDF版メール添付送付

応募用紙はこちら
http://www.jemea.org/files/20171118.docx

ご不明のことは、署名欄の事務局にお問合せ下さい。


********************************
JEMEA Office
Mail to: office@jemea.org
Tel&Fax:03(3414)4554
http://www.jemea.org/
********************************


Posted by admin on 2017/11/18 22:51:43 (569 reads)

「第3回JEMEA進歩賞」授賞式が、2017年11月9日(木)「第11回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム」の「JEMEA進歩賞受賞記念特別講演」開催前に行われました。

第3回受賞者に選ばれた、福島潤先生(東北大学)が受賞に至った経緯を平成28年度JEMEA進歩賞審査委員長 福島英沖JEMEA理事(当時、現在論文誌編集委員会委員長)((株)豊田中央研究所)からご紹介をいただいたのち、滝澤博胤理事長(東北大学)より記念の「楯」が贈呈されました。引き続き「マイクロ波非平衡反応の検証と材料創製への展開」の演題で受賞記念講演を50分間行われました。
JEMEAでは「第4回JEMEA進歩賞」について募集を開始いたしました。(平成29年12月25日(月)応募締切)
是非皆様からの応募(また候補者への応募ご推薦)をお待ちしております。

募集要項:
http://www.jemea.org/modules/news/article.php?storyid=396







*****************************
JEMEA Office
Mail to: office@jemea.org
Tel&Fax: 03(3414)4554
http://www/jemea.org
*****************************


Posted by admin on 2017/11/5 21:04:05 (507 reads)

2018年1月15日(月)「第11回日本電磁波エネルギー応用学会研究会−電磁波研究の最先端―マイクロ波からテラヘルツ波、新たな電磁波エネルギーの可能性」を東京工業大学(蔵前会館ロイアルブルーホール、東京都目黒区大岡山)で開催することが決定、参加申し込みを受け付け開始いたします。

研究会の詳細はこちら
http://www.jemea.org/modules/eguide/event.php?eid=76

開催趣旨
マイクロ波を用いた研究は100年ほどの歴史があり、その利用は産業や工業界、医療、バイオなど様々な分野にて行われてきました。一方で、マイクロ波がもたらす独自の加熱機構や物性との相互作用については未だ不明な点が多く、大きな課題の一つです。更に近年、テラヘルツ波やその他の電磁波エネルギー等、マイクロ波以外の電磁波を用いた研究が精力的に行われています。日本電磁波エネルギー応用学会では、これらの研究に最先端で取り組まれておられる第一線の研究者4名をお招きし、ご講演頂くことになりました。会員・非会員問わず積極的なご参加をお待ちしております。講演会では、基礎から応用まで幅広くご講演頂く予定です。懇親会も御座いますので、是非繋がりづくりにご活用ください。

講師は、
相田卓三先生(東京大学)
小野瀬佳文先生(東京大学)
勝木淳先生(熊本大学)
小川雄一先生(京都大学)です。

参加登録はこちら(会員/非会員(個人・団体)共通)
https://gt102.secure.ne.jp/~gt102009/11th_workshops/11th_workshops.html

12/25(月)に印刷部数を決定しますので12/22(金)までのご登録につきご協力をお願いいたします。

テキストのみ購入希望の方は、後日JEMEA WEB shopからの予約可能といたします。
※テキストのご郵送は1月末日頃になります。

参加費用
JEMEA会員・協賛団体会員(事前申し込み):4,000円
JEMEA学生会員:2,500円
JEMEA会員・協賛団体会員(当日申し込み):7,000円
非会員一般参加費:8,000円
非会員学生参加費:3,000円
懇親会:4,000円

★研究会終了後、懇親会も開催いたします。賀詞交歓会として是非ご参加ください。
懇親会では、Sympo2017の「JEMEAベストペーパー賞・ベストポスター賞」の表彰式を行います。

★「JEMEA情報発信コーナー」も当日設けます。
研究会に参加いただく方(会員・非会員問わず)で、当日会場で配布したいチラシ、カタログ・展示したい書籍・小型機器・コレクション(原則「科学的」なもの)などがある方はご自由に展示できるよう場所をご用意いたします。
配布・展示ご希望の品がある方は、事務局( office@jemea.org 佐藤)あてご連絡下さい。
部数・指定日までの郵送が可能の場合は、参加者全員配布も検討いたします。(研究会参加費以外の費用は発生しません。)

皆様の参加申込みをお待ちしております。


特定非営利活動法人日本電磁波エネルギー応用学会

********************************
JEMEA Office
Mail to: office@jemea.org
Tel&Fax:03(3414)4554
http://www.jemea.org/
********************************


Posted by admin on 2017/10/9 21:04:02 (609 reads)

シンポジウムに関する最新情報【10/7発表】

1.シンポジウムの参加登録について

JEMEA会員と協賛団体会員の「事前登録」価格適応のための参加登録締め切り日、ご希望が多かったため延長いたしました。

事前登録締め切り:10月6日(金)→10月13日(金)まで延長しました。
振込期限:10月20日(金)

シンポジウム(11/9-10)のホームページ
http://www.jemea.org/modules/eguide/event.php?eid=72

2.パネルディスカッション 演題決定

11/10(金)14:00-14:40 B会場で以下の演題でパネルディスカッションを開催いたします。
後日皆様に「アンケート」についてのご協力をお願いする予定です。

半導体発振器関連パネルディスカッション

「会員アンケートから見る半導体デバイスの将来」
進行:堀越智(上智大)、西岡 将輝(産総研)

3.座長名入りプログラムに交換いたしました。

口頭/ポスター/特別講演プログラム(10/7づけ)
(最終版)と出るまで変更が出る可能性あり。

口頭発表/特別講演/企業発表/JEMEA進歩賞受賞講演のプログラムはこちら
http://www.jemea.org/sympo2017/oral.pdf

ポスター発表プログラムはこちら
http://www.jemea.org/sympo2017/poster.pdf

特別講演の講師顔写真入りチラシはこちら
http://www.jemea.org/sympo2017/tokubetsukouen.pdf

2017年度ショートコース(11/8(PM))のホームページ
http://www.jemea.org/modules/eguide/event.php?eid=74

最新情報の収集、情報交換のため、是非Sympo2017(東海)、ショートコースにご参加ください。


特定非営利活動法人日本電磁波エネルギー応用学会


Posted by admin on 2017/10/7 22:01:23 (727 reads)

第52回のIMPIシンポジウムは2018年6月26-28日にアメリカ、CaliforniaのLong Beachで開催されます。世界で最も古いマイクロ波加熱の学会で、世界に対して発表、議論してみませんか。

詳細はホームページをご覧ください。(2018 Call for papers)
http://impi.org/wp-content/uploads/2017/09/2018_Call_for_Papers_IMPI.pdf

アブストラクト締め切りは2018年1月26日になります。

ご質問はJEMEA理事の堀越智先生まで(日本語可)(horikosi@sophia.ac.jp)

皆様のご参加をお待ちします。

IMPI実行委員 堀越(上智大学)

**********************

IMPI’s 52nd Annual Microwave Power Symposium
The Premier Industry-Wide Microwave Power Event
(The Hilton Hotel, Long Beach, California, USA)

IMPORTANT DATES
January 26: Submissions Due
February 17: Acceptance Notices
March 16: Final Papers Due
日付後日掲載 : Early registration ends
June 26-28: Symposium


特定非営利活動法人日本電磁波エネルギー応用学会


Posted by admin on 2017/10/1 0:27:27 (701 reads)

日本電磁波エネルギー応用学会は、京都大学 生存圏研究所主催の「第356回生存圏シンポジウム「第14回持続的生存圏創成のためのエネルギ-循環シンポジウム -マイクロ波高度利用と先端分析化学- 第7回先進素材開発解析システム(ADAM)シンポジウム -マイクロ波高度利用生存圏フラッグシップ共同研究- 」を、協賛いたします。

開催日時 : 平成29年11月27日(月) 時間 13:00〜20:20
開催場所 : 京都大学宇治キャンパス 木質ホール3階大会議室

当日は6件の講演とポスターセッションが行われます。

詳細・プログラムはこちら(京都大のホームページ発表記事)
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/events/symposium-0356/
京都大のホームページに掲載されましたら、URLを掲載しますので、最新情報はそちらでご覧下さい。

●参加費無料、事前の申込み不要です。
●懇親会は有料(金額未定)後日京都大のHP掲載後ご確認ください。
●会場アクセス(地図)URL : http://www.uji.kyoto-u.ac.jp/campus/access.html
●問い合わせ先:mitani@rish.kyoto-u.ac.jp
〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄 京都大学生存圏研究所 三谷友彦先生


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 29 »
Copyright © 2006-2018 JEMEA. All rights reserved.