Select language
flagflag
メニュー
JEMEA Bulletin
banner
JEMEA Journal
規程・ひな形・投稿先
Journal
誘電率・透磁率データベース
3GCMEA
2GCMEA

MAJIC2008
アクセスカウンター
2018/10/21:133/333

2018/09/21より4080/25054
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

シンポジウム
担当者 sympo2018  登録日時 2012-04-05 10:47 (10746 ヒット)

シンポジウムは成功裡に終了しました。
参加人数、Award受賞者等はおってご報告いたします。


同時開催 2012年度 日本電磁波エネルギー応用学会 Short Course
Short Courseの案内はこちら

【開催期間】
Short Course:2012年10月3日(水)
シンポジウム:2012年10月4日(木)、5日(金)

【開催場所】
Short Course・シンポジウム:京都大学 吉田キャンパス 百周年時計台記念館
懇親会:4日(木)夕刻〜 を予定

開始時間 09時30分

【主催】
特定非営利活動法人 日本電磁波エネルギー応用学会

【開催趣旨】
2012年度の日本電磁波エネルギー応用学会(JEMEA)シンポジウムは京都で開催いたします。京都は、多数の世界遺産を有する国内屈指の観光地であるとともに、日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウムの関西圏での開催は初めてとなります。JEMEAシンポジウムでは化学合成、材料プロセッシング、食品、環境等、マイクロ波をエネルギー源として利用した研究発表を中心とし、研究発表・討論を通じて当該分野の研究者・技術者の学術交流を促進します。震災復興から21世紀の日本社会に貢献できる電磁波エネルギー技術に対し、様々な分野の研究発表や情報交換の場を提供したいと思います。皆さんの奮ってのご発表とご参加をお待ちしております。

【シンポジウム概要】
シンポジウム概要はこちら

【プログラム一覧】
プログラム一覧はこちら

【口頭発表・ポスター発表要項】
口頭発表・ポスター発表要項はこちら


【参加費】
参加申込事前登録は締め切りました。
今後は当日価格(全て2,000円増)となります。
なお、当日受付でのお支払いは現金のみ(クレジット不可)です。

【吉田キャンパス食事マップ】
吉田キャンパス食事マップはこちら





【機器展示実施要項】
実行委員より告知済です。告知内容が届いていない企業様がおられましたら、お手数ですが【連絡先】までご連絡下さい。


【実行委員会】
実行委員長  篠原 真毅  (京都大学)
実行委員   塚原 保徳 (大阪大学)
         三谷 友彦 (京都大学)
         樫村 京一郎 (京都大学)

【連絡先】
第6回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム 実行委員 三谷友彦
E-mail : mitaniシンポrish.kyoto-u.ac.jp (シンポを@に変換下さい)

【アクセス】
京都大学吉田キャンパス 構内マップ
会場(百周年時計台記念館)は構内マップ3番です。

・京阪 出町柳駅 より 東へ徒歩 約20分
・JR京都駅/近鉄京都駅 より 京都市バス206系統または17系統 
「京大正門前」または「百万遍」下車 (京都市バス運賃:220円)
・阪急 河原町駅 より京都市バス201系統または31系統または17系統
「京大正門前」または「百万遍」下車

Copyright © 2006-2018 JEMEA. All rights reserved.